JILPTリサーチアイ

政策の形成に資する労働をめぐる情報(エビデンス)を提示しています。

第35回(最新)

求職活動支援の研究─自律型求職活動モデルの実用可能性の検討─

榧野 ( かやの )  潤 キャリア支援部門 副統括研究員

歐米の心理學者は、1970年代頃から、求職者の<こころ>のメカニズムに焦點を當て、求職者がどのように仕事探しをすると、就職に結びつきやすくなるのかを明らかにし、その成果をもとに、現場研究によって、どのような支援をすると、就職の可能性が高まるかを検討して來た。前者を求職活動(job search)の研究、そして後者を求職活動支援(job search interventions)の研究と呼ぶ。この求職活動支援を、ハローワークの求職者サービスに當てはめると、職業相談?紹介などの個別サービスと、初回講習や就職支援セミナーなどの集合型サービスが該當する。全文を読む

2020年5月27日(水曜)掲載


亚洲精品国产免费无码